家計簿アプリ

【徹底比較】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの10個の違いを完全解説!

今回は、お金の管理アプリ「おかねのコンパス」と家計簿アプリ「マネーフォワードME」を機能面で徹底的に比較してみました。

家計簿アプリと言ったら「マネーフォワードME」が最も有名で、家計簿アプリとして圧倒的な地位を築いたいるイメージですよね。

一方で、「おかねのコンパス」も多機能なのに無料で使えるコスパ最強アプリとして、2020年リリースという後発組なのにも関わらず、ここ数年で着実に人気を集めています。

そこで今回は、

悩んでいる人
悩んでいる人
おかねのコンパスとマネーフォワードMEは結局どっちがオススメなの?
悩んでいる人
悩んでいる人
おかねのコンパスとマネーフォワードMEの違いは?それぞれのメリット&デメリットを知りたい。
悩んでいる人
悩んでいる人
おかねのコンパスとマネーフォワードMEの上手な使い方は?

こんな疑問に答えます。

この記事では、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの両方を利用中の僕が、おかねのコンパスとマネーフォワードMEを徹底的に比較し、結局どっちがオススメなのかを解説します。

それでは、徹底比較していきますね!

おかねのコンパスの評判や危険性、使い方、メリット&デメリット
おかねのコンパスの評判や使い方は?危険性やデメリットも徹底解説!銀行やクレカなどのお金に関するサービスを一括管理できる超優秀なアプリが「おかねのコンパス(for TT)」! サービス連携数は無制...
家計簿アプリ「マネーフォワードME」の評判・口コミと危険性を徹底解説!
家計簿アプリ「マネーフォワードME」の評判&口コミと危険性を徹底解説!最も人気が高いの家計簿アプリは言わずと知れた「マネーフォワードME」! マネーフォワードMEは他の家計簿アプリと比べて使い勝手が抜...

【結論】結局どっちがおすすめなの?

【結論】どっちがおすすめなの?

まずは、両方のアプリを使っている僕の最終結論から。

この記事で伝えてたいことをギュッと凝縮して書いたので、時間のない人はとりあえずここだけ読んでいってくださいね。

結論➀:お金を使いたくないなら併用がオススメ!

どっちか一つで済ませたいという人には申し訳ありませんが、家計簿アプリに1円もお金を使いたくないという人は両方のアプリを併用するのがオススメです!

というのも、マネーフォワードMEの欠点がおかねのコンパスの利点であったり、おかねのコンパスの欠点がマネーフォワードMEの利点であったりするんですよね。

要するに、おかねのコンパスとマネーフォワードMEを併用すれば「互いの欠点を補える」わけです。

しまうまくん
しまうまくん
いいとこ取り作戦だね。

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの比較表を作っておいたので、本当に欠点が補えているのか確認してみてくださいね。

おかねのコンパスマネーフォワードME
【無料会員】
利用料金無料無料
連携できる
サービス数
2,600種類2,635種類
連携の上限数無制限最大10個
データの
閲覧可能期間

無制限過去1年間
データの
一括更新機能
ありなし
資産推移グラフありなし
グループ作成数無制限1件まで
手入力機能なしあり
レシートの
読取機能
なしあり
予算設定機能なしあり

ご覧の通り、それぞれ単体でも十分使える家計簿アプリですが、どちらか一方だと家計簿を付ける上でやや物足りないのも事実…。

ただし、そんなデメリットも、この2つのアプリを併用するだけですぐ解決できますし、家計簿アプリに必要な機能を完全無料でカバーできちゃいます。

ということで、家計簿アプリにお金を使いたくないという人は、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの無料版を併用しましょう!

しまうまくん
しまうまくん
どちらも無料で使えるので、まずはお試し感覚で1ヶ月ほど併用してみると良いでしょう。
家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

Money Compass Japan, Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

結論②:有料版でもいいならマネーフォワードMEの1択!

有料版でもいいならマネーフォワードMEの1択!

【画像出典:https://moneyforward.com/】

家計簿アプリにいくらかお金を払っても良いとお考えの方は、マネーフォワードMEのプレミアム会員(有料版)の1択です。

こちらも理由は簡単で、マネーフォワードMEの有料版には家計簿をつける上で必要な機能だけでなく、一般的な家計簿アプリにはない便利な機能が盛り沢山だから。

要するに、無料の家計簿アプリと比べて機能が圧倒的に充実しているということです。

参考までに、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの有料版を比較しておいたので、本当に欠点が補えているのか確認してみてくださいね。

おかねのコンパスマネーフォワードME
【有料会員】
利用料金無料月額500円
連携できる
サービス数
2,600種類2,635種類
連携の上限数無制限無制限
データの
閲覧可能期間

無制限無制限
データの
一括更新機能
ありあり
資産推移グラフありあり
グループ作成数無制限無制限
手入力機能なしあり
レシートの
読取機能
なしあり
予算設定機能なしあり

ご覧の通り、無料版で利用制限があった機能がすべて使い放題になっているため、家計簿アプリを1つで済ませたいという人には有料版がもってこいと言えます。

また、上記以外にも、マネーフォワードMEの有料版ならではの機能があるのでまとめておきました。

プレミアム会員ならではの機能
  1. サービスの連携が無制限
  2. データの閲覧可能期間が無制限
  3. データの一括更新機能
  4. データの自動更新
    [無料版より頻度UP]
  5. 資産の内訳、資産の推移グラフ
  6. 負債の内訳、負債の推移グラフ
  7. グループ作成が無制限
  8. ポイントやマイルの有効期限の表示、および通知
  9. カードの残高表示
  10. カード引落し時の残高不足の通知
  11. 家計簿データのダウンロード
    (CSV/Excel形式)
  12. 優先的なカスタマーサポート
  13. データのバックアップ保証

有料版でお金流れをもっと見える化できれば、より効率的に節約ができるので、結果的に月に500円以上の価値は全然あると思います。

ということで、家計管理のためならワンコインくらいOKという人や本気で節約をはじめたいという人にはマネーフォワードMEの有料版が圧倒的にオススメです!

しまうまくん
しまうまくん
マネーフォワードMEのプレミアム会員は初回限定で30日間のお試し期間があるので、気になる人は1度使ってみるのが良いと思います。

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの違いは10個

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの違いは10個!

それでは、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの無料版、有料版の3つを家計簿アプリに必要な10個の機能で比較してみました。

違いは大きく10個
  1. サービスの利用料金
  2. 連携に対応しているサービス数
  3. 連携可能数
  4. データの閲覧可能期間
  5. データの一括更新機能
  6. 資産内訳&資産推移グラフ
  7. 予算の設定機能
  8. 収支の手入力機能
  9. レシートの読み取り機能
  10. グループの作成数

そのため、家計簿アプリを1つに絞りたい人は、自分が重視している機能を優先的にチェックしてみてくださいね。

➀サービスの利用料金

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
無料無料月額500円

マネーフォワードMEには「無料会員」と「有料会員(プレミアム会員)」の2種類があるのに対して、おかねのコンパスは無料版の1種類になっています。

そのため、何が何でも無料が良いという方はマネーフォワードMEの無料版とおかねのコンパスの2択。

また、繰り返しになりますが、マネーフォワードMEの有料版もあれだけの機能が月500円、1日に換算すればわずか17円で使い放題になるのでかなり安いです!

②連携に対応しているサービス数

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
2,600種類2,635種類2,635種類

連携に対応しているサービス(銀行やカード、電子マネーなど)の数は、マネーフォワードMEの方がほんの少し多め。

ただし、両方とも2,600以上のサービスと連携できるので、連携できずに困るということはまずありません。

しまうまくん
しまうまくん
対応サービス数は、ほぼ同じと考えてもらってOKです!

おかねのコンパスもマネーフォワードMEも、PayPayや楽天ペイ、メルペイなどの一部のQRコード決済には対応していないので要注意!

※PayPayや楽天ペイ、メルペイは、他の家計簿アプリでも対応していません。

③連携可能数(連携上限数)

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
無制限10件まで無制限

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの有料版が連携し放題なのに対して、マネーフォワードMEの無料版は10件まで。

銀行や証券、クレカ、通販などを連携していくと、あっという間に10件に到達してしまうので、人によっては物足りないと感じるかもしれません。

しまうまくん
しまうまくん
マネーフォワードMEの無料版には、頻繫に利用する銀行やクレカ、電子マネー、通販に絞って連携しているよ!

そのため、上限なく連携したいという人は、お金をかけても良いならマネーフォワードMEの有料版、イヤならおかねのコンパスを選んでおきましょう!

一応、マネーフォワードMEの無料版でも手入力機能を使ってコツコツ入力することはできますが、流石にキツイですし、コスパが悪すぎるかなと思います。

④データの閲覧可能期間

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
無制限過去1年間無制限

マネーフォワードMEでは、1年以上前の家計簿データの閲覧が有料。

一方、おかねのコンパスではデータの閲覧期間に制限がありません。

そもそも家計簿は長期で付けていくものですし、過去の家計簿データと比較できれば収支改善もチェックできるので、家計簿アプリを選ぶ上でデータの閲覧可能期間は重要です。

また、収支改善は長期で取り組んだ方がモチベーションを維持しやすいので、この点でマネーフォワードMEの無料版はやや弱いかなと感じます。

ということで、データを無料で見放題にしたいなら、おかねのコンパスの1択です。

⑤データの一括更新機能

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×

マネーフォワードMEの無料版でデータを最新の状態にするためには、連携したサービスごとにいちいち更新ボタンを押す必要があります。

一方で、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの有料版では、一括更新ボタンをワンタップするだけで連携した全サービスのデータを一括更新できます。

一括更新ができると、余計な手間と時間をかけずに最新の家計簿データを把握できるので、家計簿アプリを使う上でのストレスはかなり減りますよね。

ただし、マネーフォワードMEの無料版は連携できるサービスが10件だけなので、ちょっとした手間と思えば個人的には問題なしと考えています。

しまうまくん
しまうまくん
おかねのコンパスもマネーフォワードMEも定期的にデータの自動更新があるので、常に最新のデータを見たいという人でなければ無視でもOKです。

⑥資産内訳グラフ&資産推移グラフ

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの有料版では、資産の内訳や資産推移グラフが見放題ですが、マネーフォワードMEの無料版では閲覧不可。

資産内訳グラフ&資産推移グラフ マネーフォワードME

【画像出典:マネーフォワードME】

しまうまくん
しまうまくん
資産推移グラフは自分の資産が少しずつ増えていくのが目で見て分かるので、個人的には貯金のモチベーションを保つために使っています。

もちろん、家計簿をつけるだけで十分という人は気にしなくてOKですが、家計管理と併せて資産管理もしたいという人はおかねのコンパスがオススメです。

ちなみに、負債内訳グラフや負債推移グラフもマネーフォワードMEの無料版では閲覧不可という扱いになっています。

⑦予算設定機能

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×

マネーフォワードMEでは無料・有料問わず予算機能を使えますが、おかねのコンパスには予算設定の機能がありません。

予算設定機能は、その月に使える予算を事前に設定した上で、その月の実際の出費と比較できる機能。

予算設定機能 マネーフォワードME

【画像出典:マネーフォワードME】

予算設定機能を使えば、「あといくら使えるのか」「何にお金を使い過ぎたのか」といったことをその場で振り返ることができるので、無駄な出費を事前に抑えることができます!

ということで、家計簿アプリで節約や貯金を後押ししたいと考えているならマネーフォワードMEの1択です。

しまうまくん
しまうまくん
予算設定機能は節約を実践する上で一定の効果があるので、節約や貯金が上手くいかないという人はこの機能を存分に活用しましょう!

⑧収入や支出の手入力機能

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×

マネーフォワードMEは、収入や支出をいつでも簡単に手入力できます。

そのため、現金での支払いや現金収入も家計簿に含めることができ、より正確な家計簿を作ることができます。

収入や支出の手入力機能 マネーフォワードME

【画像出典:マネーフォワードME】

また、マネーフォワードMEにはATMから引き出した現金を管理できる「財布機能」もあるので、現金管理という点ではマネーフォワードMEの方が圧倒的に強いです。

一方で、おかねのコンパスには収支の手入力機能がないので、現金派の人にとってはやや扱いずらいかもしれません。

⑨レシートの読み取り機能

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×

マネーフォワードMEにはレシートの読み取り機能があるので、お店でもらったレシートを撮影するだけで自動的に家計簿化できます。

レシートの読み取り機能

【画像出典:マネーフォワードME】

一方で、おかねのコンパスにはレシートの読み取り機能はありません。

そのため、買ったものを細かく記録したいという人はマネーフォワードMEの1択です。

⑩グループの作成数

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
無制限1個まで無制限

おかねのコンパスとマネーフォワードMEの有料版はグループ作成数が無制限。

一方で、マネーフォワードMEの無料版では、グループの作成は1個までとなっています。

グループ作成機能は、証券口座や資産運用のサービスで「資産運用のグループ」を作ったり、個人事業主であれば生活用と分けて「事業専用のグループ」を作ったりできる何かと便利な機能。

グループの作成数 マネーフォワードME

【画像出典:マネーフォワードME】

サービスの連携数が増えると、特定の収支を重点的にチェックしにくくなるので、自分が重点的にチェックしたいサービスのみに絞って効率的に収支を見える化できるわけです。

ということで、グループ機能を多用する人は、マネーフォワードMEの有料版orおかねのコンパスがオススメです。

その他

上記が家計簿アプリを選ぶ上での最重要ポイントですが、その他にも気になる点をサクッと比較しておきました。

利用者数

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
非公表1,200万人30万人

おかねのコンパスは利用者数が非公表ですが、マネーフォワードMEは利用者数は1,200万人と家計簿アプリとしては国内最多です。

そのため、みんなが使っている家計簿アプリの方が安心できるという人はマネーフォワードMEがオススメです!

セキュリティ対策(安全性)

おかねのコンパスマネーフォワードME

マネーフォワードMEもおかねのコンパスも東証一部に上場する金融関連の大企業が運営しているので、どちらもセキュリティ対策に抜かりはありません。

家計簿アプリでは、銀行残高やクレカの利用履歴などの個人情報が漏れるのが最大のリスクなので、知名度の低い家計簿アプリは避けておくのが身のためです。

アプリの使いやすさ

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)

資金の潤沢な大手企業が作っているだけあって、マネーフォワードMEもおかねのコンパスもアプリの使い勝手や操作感は非常に良いです。

ただし、アプリの使い勝手はその人の好みの問題が大きいので、答えは実際に使ってみないと分かりません。

しまうまくん
しまうまくん
個人的には、マネーフォワードMEの方がちょっぴり使いやすいかなと感じます。

アプリ内の広告

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
ありなしなし

マネーフォワードMEの無料版のみアプリ内に広告(Google広告)が表示されます。

ただし、広告表示は家計簿アプリの使用感に影響を与えるほどではないので、基本的には気にしなくて大丈夫です。

Web版の有無

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×

マネーフォワードMEにはWeb版があるのに対し、おかねのコンパスにはWeb版がなく、アプリ専用になっています。

そのため、家計簿サービスをパソコンでも利用したいという人はマネーフォワードMEの1択です!

アカウント共有機能

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
×××

おかねのコンパスもマネーフォワードMEもアカウントを家族や夫婦間で共有する機能はありません。

ただし、1つのアカウントに同じIDとパスワードでログインすれば、アカウントを共有することはできるのでご安心を!

データのバックアップ保証

おかねのコンパスマネーフォワードME
(無料会員)
マネーフォワードME
(有料会員)
××

マネーフォワードMEの有料版のみデータのバックアップ保証があります。

そのため、何かのトラブルでデータがすべて消えたとしても、バックアップを取っているのでいつでも確実にデータを復元できます。

もちろん、おかねのコンパスでもマネーフォワードMEの無料版でもデータが消えることは極めてまれなので、参考程度に抑えておけばOKかなと思います。

おかねのコンパスとマネーフォワードMEはどんな人に向いているの?

おかねのコンパスとマネーフォワードMEはどんな人に向いているの?

おかねのコンパスマネーフォワードMEは、それぞれ以下のような人に向いています。

どちらか一方に絞りたいという方は、是非とも参考に!

おかねのコンパスが向いている人

おかねのコンパスが向いている人は以下の通り。

おかねのコンパスが向いている人
  1. 完全無料でお金の管理をしたい人
  2. サービスを好きなだけ連携したい人
  3. ほぼキャッシュレス生活を送っている人
  4. 家計管理だけでなく、併せて資産管理もしたい人

おかねのコンパスは、マネーフォワードMEと比べて家計簿機能が弱いのがデメリットですが、収支や資産をザックリ把握したいだけなら十分です。

また、サービス連携可能数や一括更新機能、資産推移グラフなどが無料で提供されているこので、総合的に見ればコスパ最強の家計簿アプリといって良いでしょう。

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

Money Compass Japan, Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードMEが向いている人

続いて、マネーフォワードMEが向いている人は以下の通り。

マネーフォワードMEが向いている人
  1. キャッシュレスと現金を併用している人
  2. 家計管理に力を入れていて、細かく家計簿を付けたい人
  3. 予算設定や手入力、レシート読み取りが必須の人
  4. 皆が使っている定番の家計簿アプリを使いたい人
  5. 有料課金も検討している人

おかねのコンパスが広く浅く家計簿をつけられるアプリだとすれば、マネーフォワードMEは狭く深く家計簿をつけられるのが特長です。

現金の手入力やレシート読み取りにも対応しているので、家計簿をつけるのがメインという方はマネーフォワードMEを選んでおいた方が良いでしょう。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

おかねのコンパスとマネーフォワードMEを上手に使い分けよう!

【参考】おかねのコンパスとマネーフォワードMEの上手な使い方

冒頭でも書いたように、おかねのコンパスマネーフォワードMEの無料版は非常に相性の良いアプリなので、併用すれば無料で使える最強の家計簿アプリになります。

そのため、家計簿アプリにお金をかけたくないない人は、以下のように2つのアプリを上手に使い分けるのがオススメです。

おかねのコンパスの使い方

まずは、おかねのコンパスの使い方から。

おかねのコンパスの使い方
  1. 連携できるサービスをすべて連携して、お金の流れをザックリ把握するために使う
  2. 資産内訳や資産推移など、資産の管理に使う
  3. これまでの家計簿を振り返るときに使う

おかねのコンパスは、収支と資産のザックリ把握用なので、サービスとの連携さえ済ませれば、あとは基本的に放置でOK!

全自動で家計簿や資産管理をしてくれるので、気になったときに振り返りをしましょう。

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

Money Compass Japan, Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードME(無料版)の使い方

続いて、マネーフォワードME無料版の使い方は以下の通り。

マネーフォワードMEの使い方
  1. メインで使っている銀行やクレカなどに絞って連携し、家計に影響の大きいサービスを重点的に管理するために使う
  2. 現金での支払いを記録するときに使う
  3. 買い物の内容を詳しく記録するときに使う(レシート読み込み機能を活用)
  4. 節約や貯金に取り組むために使う(予算設定機能を活用)

マネーフォワードMEは、家計簿をしっかりと付けられるアプリなので、家計管理は基本的にマネーフォワードMEに任せた方が良いです。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

おかねのコンパスとマネーフォワードMEのまとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの2つの家計簿アプリを比較してみました。

結論から言うと、お金をかけても良いならマネーフォワードMEの有料版がベスト!

また、無料版を併用すれば互いのデメリットを補えるので、無料で使いたい人は併用するだけで最強の家計簿アプリとして使うこともできます。

ただし、家計簿アプリは長期で使うことになるので、まずはいくつかお試し感覚で使ってみるのが鉄則!

どちらも無料で登録できるので、皆さんも実際に使ってみて理想の家計簿アプリを手に入れてくださいね。

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

家計簿 おかねのコンパ‪ス for 家計簿(かけいぼ)

Money Compass Japan, Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

以上、おかねのコンパスとマネーフォワードMEの比較記事でした。

おかねのコンパスの評判や危険性、使い方、メリット&デメリット
おかねのコンパスの評判や使い方は?危険性やデメリットも徹底解説!銀行やクレカなどのお金に関するサービスを一括管理できる超優秀なアプリが「おかねのコンパス(for TT)」! サービス連携数は無制...
家計簿アプリ「マネーフォワードME」の評判・口コミと危険性を徹底解説!
家計簿アプリ「マネーフォワードME」の評判&口コミと危険性を徹底解説!最も人気が高いの家計簿アプリは言わずと知れた「マネーフォワードME」! マネーフォワードMEは他の家計簿アプリと比べて使い勝手が抜...