ポイントサイトで稼ぐ

ポイントサイトでポイントが反映されない原因と対処法まとめ!

今回は、ポイントサイトでポイントが反映されないときの原因と対処法をがっつりまとめてみました。

自分で「広告を書かれた通り利用したのにポイントが付与されない」と思っていても案外見落としてることがあります。

広告を利用する際の注意点だけではなく、広告を利用する前後に潜む原因まで網羅しているので、上から下まで一つずつチェックしていって下さいね。

【厳選】おすすめのポイントサイト8選を徹底的に比較してみた!今回は、おすすめのポイントサイト8選を徹底的に比較し、がっつりまとめました。 ポイントサイトは、サービス利用やネットショッピング、...
【厳選】おすすめの稼げるアンケートサイト8選を徹底的に比較して、ランク付けしてみた!今回は、稼げるアンケートサイトを8つを比較するとともに、稼げる順にランク付けをしました。 アンケートモニターは簡単にできるお小遣い...

広告を利用する前に原因があるパターン

広告を利用する前に原因があるパターン

広告を利用する前の原因は以下の7つ。

  1. ポイントサイトが推奨する動作環境で利用していない
  2. Cookieの設定が無効になっている
  3. Cookieを削除していない
  4. JavaScriptの設定が無効になっている
  5. 広告ブロックツールを使用している
  6. トラッキング設定がオン【iOS11/最新のMacOS利用者向け】
  7. 追跡型広告を制限している【iPhone利用者向け】

順番に深掘りしていきます。

ポイントサイトが推奨する動作環境で利用していない

各ポイントサイトでそれぞれ推奨している動作環境があります。

各ポイントサイトの「よくある質問」や「ヘルプ」にて、推奨しているOSやブラウザについての情報を確認できます。

推奨環境であってもすべての動作を保証するものではありませんが、めちゃくちゃ基本的なことなので一度確認しておきましょう!

Cookieの設定が無効になっている

ポイントサイトでは「Cookie」を利用して広告利用の関連付けを行っています。

そのため、広告利用の有無を判断するためにはブラウザの設定でCookieを有効にする必要があります。

毎回、ログインパスワードとIDを入力している場合はCookieが無効になっている可能性が高いのでチェックしてみましょう!

Cookieを削除していない

さきほど書いたように、ポイントサイトでは「Cookie」を利用して広告利用の関連付けを行っています。

Cookieを削除していない場合、Cookie情報を正しく読み書きできなくなることあり、正確に広告利用を確認できなくなることがあります。

広告を利用する前に「Cookieの削除」を忘れないようにしましょう。

過去に同じ広告サイトを訪問したことがある場合にCookieを削除していないと「重複」とみなされ、ポイントが付与されないこともあります。

JavaScriptの設定が無効になっている

「JavaScript」が無効になっている場合、Webページが正しく表示されなくなったり、一部の機能が制限されたりする可能性があります。

それなので、ブラウザの設定で「JavaScript」を有効にします。

広告ブロックツールを使用している

ポイントサイト自体が広告を大集合させたサイトなので、広告ブロックツールを使用すると誤動作が起きる可能性があります。

トラッキング設定がオン【iOS11/最新のMacOS利用者向け】

AppleのiOS11以降やmacOS High Sierra以降の製品を利用している場合、Safariの「ITP」機能が有効になっているとポイントが付与されない可能性があります。

以下の手順でITPを解除しましょう。

iPhoneを利用している場合

  1. 「設定」を起動
  2. 「Safari」を選択
  3. 「サイト超えトラッキングを防ぐ」をオフ

Macを利用している場合

  1. 「プライバシー」をクリック
  2. 「サイト超えトラッキングを防ぐ」をオフ

追跡型広告を制限している【iPhone利用者向け】

先ほども書いたように、ポイントサイトは広告利用でポイントがもらえるサービスです。

そのため、iPhone本体の設定で追跡型広告を制限していると広告利用が認められないことがあります。

以下の手順で追跡型広告の制限を解除しましょう。

  1. 「設定」を起動
  2. 「プライバシー」を選択
  3. 「広告」を選択
  4. 「追跡型広告を制限」をオフ

広告を利用する時に原因があるパターン

広告を利用する時に原因があるパターン

広告を利用する時の原因は以下の6つ。

  1. ポイント獲得条件や注意事項をよく確認していない
  2. 広告利用完了までを同一ブラウザで行っていない
  3. 申込完了までに長時間が経過
  4. 通信環境が悪い
  5. 繰り返し利用不可の広告を同一PCや同一世帯で複数回利用
  6. 広告利用の完了画面をすぐ閉じてしまった

順番に深掘りしていきます。

ポイント獲得条件や注意事項をよく確認していない

当たり前のことなのですがここが本当に重要です!

ポイント獲得に急ぎすぎてポイント獲得条件や注意事項をしっかり読んでいないことがあります。

ポイント獲得に必要な条件がここに詰まっていますので、隅々までしっかりと確認しましょう。

広告利用完了までを同一ブラウザで行っていない

広告クリックから広告利用が完了するまでは必ず同じブラウザを利用しなくてはいけません。

広告サイトに移動してから広告利用が完了するまでに、他サイトへ移動したり、ブラウザを終了したりすると広告利用が確認できなくなることがあります。

簡潔にまとめると「獲得条件を満たすまではよそ見しないで条件達成だけに集中してね」ということです。

ショップの広告を利用する際はいくつものサイトを移動してしまい、まれにポイント付与対象外になることがあります。

また、楽天市場などは店舗ごとに決済する必要があるので、その都度、ポイントサイトを経由しなくてはなりません。

確実にポイントを獲得したい場合のショップ広告の利用方法は以下。
(各ポイントサイトで細かいことは異なりますので確認をお願いします。)

  1. ショップで買いたい商品を「お気に入り」に追加
  2. ポイントサイトの広告を経由してショップに移動
  3. 「お気に入り」の商品を「かご」に追加
  4. 購入手続きをする

申込完了までに長時間が経過

申込完了までに長時間経過するとセッション切れてしまい、広告利用が確認できなくなります。

私の場合、広告クリックから広告利用完了までは平均5分くらいで終わらせています。

焦りすぎて記入ミスを起こしては意味がないので、だらだらせずにサクサク進めていけば基本OKです。

通信環境が悪い

広告利用の最中に通信環境などが原因でセッションが切れてしまい、広告利用が確認できなくなることがあります。

また、通信状況により「ページが完全に表示される前に操作を進める」なども広告利用の確認がとれなくなる原因の一つです。

広告を利用する際は、通信環境の良い場所で利用しましょう。

繰り返し利用不可の広告を同一PCや同一世帯で複数回利用

同一PCや同一世帯での利用は「重複」とみなされ、正規の広告利用として認められない可能性があります。

1台のPCを複数人で使用する場合は、広告利用の度に「ログイン」と「ログアウト」を忘れずに行って下さい。

そもそも家族登録に厳しい規定があるポイントサイトも多いので、同一世帯の場合は規約から見直す必要があります。

広告利用の完了画面をすぐ閉じてしまった

広告利用の完了画面では、広告への参加情報を書き出す処理を行ってるため、完了画面の表示途中にブラウザを閉じると正しく書き出せず、参加した記録が残らなくなってしまいます。

完全に表示されたのを確認してから閉じるようにしましょう!

広告を利用した後に確認しておきたいこと

広告を利用した後に確認しておきたいこと

広告利用後に確認しておきたいことは以下の4点。

  1. ポイント反映予定日はあくまでも予定日
  2. 他社のポイントサイトでポイントが付与されている
  3. 広告主に問い合わせるのは絶対ダメ!
  4. それでもだめなら「お問い合わせ・抗議」!

順番に深掘りしていきます。

ポイント反映予定日はあくまでも予定日

ポイントサイトの獲得条件欄に必ずあるのが、「ポイント反映予定日」。

ただ、獲得条件欄の下の方に下記の注意書きを見つけることができます。

獲得時期は必ず期間中に認証可否が確定する事を保証するものではございません。
あくまでも目安としてご参考にしてください。【引用:モッピーの獲得条件欄】

ポイントを獲得することが我々の目的なので「早く付与してくれよ」と思いますが、広告利用の判定を行っている広告主(広告仲介業者)がサービス利用実績と私たちの情報を照らし合わせるのには時間がかかります。

ポイントサイト側も「あくまでも目安」と書いてありますので広い心で待つしかありません!

実際に「ちょっと遅れて付与」のパターンはよくあります。

他社のポイントサイトでポイントが付与されている

複数のポイントサイトを利用している場合、まれに他社のポイントサイトにポイントが反映されることがあります。

広告利用の際には、他社のポイントサイトを閉じたり、広告利用前にCookieを削除するなどで防ぐことができます。

広告主に問い合わせるのは絶対ダメ!

広告を利用の有無を判断したり、調査するのは広告主や広告仲介業者です。

上記の会社や組織に広告利用の確認や抗議をすることは、ポイントサイト側が禁止しています。

いかなる理由であれ広告主等への問い合わせがあった場合はポイント付与対象外なので、絶対にやめましょう。

それでもだめなら「お問い合わせ・抗議」!

ポイント獲得のためにできることは全部やったのにポイントが付与されない場合は最終手段の「お問い合わせ・抗議」に移りましょう。

各ポイントサイトの「お問い合わせ」を通して「ポイントが付与されていないので付与してくれよ」という趣旨のことを伝えます。

ただ、広告の利用を証明するためにいくつか準備しなくてはなりません。

今回はお問い合わせに必要なものをまとめてみました。
(細かいことは、各ポイントサイトで確認して下さい。)

  • 利用したサービス名(広告名)
  • 申込氏名
  • 申し込み(登録)日時
  • 申し込み時のメールアドレス
  • 受付完了メールや購入確認メール、広告利用完了メール
  • 該当サービスの掲載場所
  • その他…

多くのポイントサイトでメール関係は保管しておくように書かれているので、一番重要なのは受付完了メールや購入完了メール、広告利用完了メールだと思われます。

もちろん、広告を利用したという証拠が多ければ証明しやすくなるので、スマホやPCの画面をスクリーンショットして保存しておくのも良いかと思います。

お買い物保証があるポイントサイト

どのポイントサイトでもお問い合わせを正しく行えばポイントが付与されますが、ショッピングを中心にポイント保証をしているポイントサイトもあります。

お買い物保証制度がある大手のポイントサイトならポイントタウンがおすすめです。

ポイントタウンの評判や口コミは?安全性と稼ぎ方も徹底解説!今回は、ポイントタウンの評判・口コミから安全性、稼ぎ方までをがっつりまとめました。 ポイントタウンは、還元率が高いことやコツコツ系...

他にも、ポイントインカムハピタスゲットマネーなどが保証制度を持っています。

以上、ポイントサイトでポイントが付与されない原因でした。

【厳選】おすすめのポイントサイト8選を徹底的に比較してみた!今回は、おすすめのポイントサイト8選を徹底的に比較し、がっつりまとめました。 ポイントサイトは、サービス利用やネットショッピング、...
【厳選】おすすめの稼げるアンケートサイト8選を徹底的に比較して、ランク付けしてみた!今回は、稼げるアンケートサイトを8つを比較するとともに、稼げる順にランク付けをしました。 アンケートモニターは簡単にできるお小遣い...